ホームページの目的を見直してみよう

あなたが、ホームページを作る時、「ホームページを作る目的はなんですか?」とお聞きします。

ほぼ、100%答えは、「集客」です。という答えが帰ってきます。

「集客・・・」もう少し踏み込んで考えてみましょう。

ホームページの目的は何ですか?

ホームページ集客っていうと、どうしてもアクセス数が気になったりしませんか?

あるいは、あなたの商品が販売できた数や、お問い合わせの数を気にしていませんか?

本来のホームページの集客は、あなたの「見込み客を集める」というところが目的です。

つまり、あなたのホームページで「見込み客」がどれくらい集められるか・・・・というところがとても重要です。

見込み客を集める?

ウェブ集客の目的はあなたの「見込み客のリストを集める」というところに目的を絞ってみてください。

するとやるべきことがはっきりみえてきませんか?

ホームページの中で何かが足りないことに気づきませんか?

なぜ見込み客のリスト化が必要なのでしょうか?

お客様の状態とは、このようなサイクルで移り変わっていきます。

  1. 新規見込み客の獲得
  2. 見込み客が顧客に変わる時
  3. 既存客の維持
  4. 既存客の離脱
  5. 新規見込み客の補充

1の新規見込み客の獲得がすべてのスタートになっていますね。

ですから、ホームページの目的は
「新規見込み客の獲得」だけに絞るといいのです。

ここが納得していただけたら、
ホームページに何を掲載すべきかが、自然とわかってくるはずです。

しかし、ここが納得していないと、
どうしても、HPには、「あれもこれも掲載しないと・・・」というホームページが仕上がり、
結果的に情報が多すぎて、わかりにくいホームページが仕上がっていきます。

決してホームページで顧客を見つけようとしないでください

ホームページでいきなり顧客を集めようとしないでくださいね。

ホームページで「見込み客」を集めてくださいね。

これに徹することができたら、ホームページはしっかりと集客媒体へと変わっていきます。

なぜ顧客集めがだめなの?

ちなみに「顧客」はすぐに買ってくれるお客様のことです。

見込み客」は「興味をもってくれるお客様」のことです。

ではなぜ、すぐに買ってくれるお客様を集めたらだめなんでしょうか?

それは、すぐに買ってくれるお客様を集めようとすると、どうしてもあなたのホームページに無意識に「売り込み感」が強くなってしまうからです。

そうです〜!大事なのでもう一度いいます。

買ってほしいお客様に対してページを作ろうとすると、無意識に「売り込み感」が出ちゃうんです。

どんなに素敵なホームページでも、優しく言葉を選んでも、「今すぐ買って〜!」が出ちゃう。。。

売り込み感が出ちゃうと・・・

どんないい商品でもどんないいサービスでも「売り込み感」が出ちゃうと、

「ブチっ!」って、切りたくなっちゃいませんか?

例えば、ショップに立ち寄ってすぐに、店員さんが来て
「これ素敵でしょ〜!あなたにピッタリ!!」なんて言われたら、、、、、

「はい、結構です〜!」

なんてことありませんか?
心の中では、
すごく気に入ってたのに、、
もっとゆっくり見たかったのに、、、、
なんて思っていても、他の店で探そ〜って思いませんか?

それと同じです。

ランディングページって売り込み感満載でしょ

あ、ちなみに突然、目に入ってくる、全然自分には興味ないランディングページって、すごい売り込み感満載じゃない???

そんな感じです。

ランディングページって、ターゲット層をきちんと絞っているから、その顧客層からちょっとでも外れると、まあ、まあ、うざいですよね。


ホームページでも同じことが言えると思うのです。

ホームページから直接顧客やクライアントさんを獲得したい!っという思いはすごくよくわかります。

でも、そうすると結果は・・・・残念ながら、あっという間にHPから離脱されてしまうでしょう。

そんな回りくどいことしなくない

顧客を集めるんじゃなくて、見込み客を集める?

そんな回りくどいことしたくないし、そんなこと必要なの?

でも、ほとんどの人って、購入まで、すぐに決断はしませんよね。

たとえ、「すごくいい!!!」って思ったとしても、すぐに購入したりはしません。

特に、「目に見える品物」ではなく、「目に見えない商品」だったら余計、そうですよね。

何度も、何度も、検討して、他の商品とも比較して、やっと決断しますよね。

失敗したくないから、他のサイトとも比較します。

あなたのホームページで何のアクションもなく「閉じられてしまったら」それで終わりです。

きっと二度と戻ってくることはありません。

その人の興味をつなぎとめておく何かが必要です

ホームページを閉じられてしまったら二度と戻ってきません。

はい。たまたま見つけてくれた自分のホームページですが、見つけてくれた本人すら、
どうやってそのホームページにたどり着いたかすら忘れています。

ですから、あとから気になったとしても
「あ〜あの情報どこだったかな〜?」

で忘れられてしまいます。

そんなものです。情報が多いネットの世界って。

見込み客の為になる何かを用意しましょ

ホームページで用意するものは、「見込み客」のお役に立てるものを用意しておきましょう。

商品を売るとか考えずに、ひたすら「見込み客」の為になることを・・・・。

こうして見込み客をつなぎとめて、信頼関係を構築していきましょう。

そして、興味が高まった頃、あなたのサービスが必要だ〜って思った頃合いを見て、初めて商品を売りましょう。

具体例

例えば「お店」を例にしてみましょう。

ショップに入った。

ちょっと気になるワンピースを見つけたけど、今月は予算が合わなかったので、購入しなかった。

定員さんが、「これどうぞ」と言って、カタログをくれた。

素敵なコーディネート術が掲載されていた。

また、次回近くによったら行ってみよう・・・・
そう思って今回は購入を諦めた。

しばらくして、もう一度お店に行った。

LINEやはがきで、何度かご案内が届いていたから。

こうして何回かお店に立ち寄っていくうちに、
店員さんと仲良くなって行きました。

そして、ある日、
「あなたが以前気に入っていたワンピースが今日から20%OFFになっていますよ。」と声を賭けてくれた。

購入しちゃった〜!

・・・・というのが、リアルなお店での
「見込み客」をつなぎとめて、信頼関係を作って、販売していく流れ・・・です。

これがホームページの中でも作れていければ、
売る側も、購入する側も
ストレスなく、納得した形で、商品を売ることができますね。

難しいけど、やってみよう

ホームページで、直に顧客やクライアントを獲得したい!という気持ち(欲)を抑えてホームページを作っていくのは結構、大変です。

でもこれができたら、
ホームページがちゃんと集客の目的を果たすことができます。


無料相談にお申し込み

無料相談の前にプロフィール動画が見れます

フォームからお申し込み可能


パソコンが苦手でも
集客できるホームページを
自分で育てていく方法とは?

メールでその秘訣を公開します

3つの特典

  • 特典1.「ホームページの育て方」動画講座(30分)
  • 特典2.「ウェブ集客の基本」動画講座(30分)
  • 特典3.60分のオンライン相談(15,000円相当)(期間限定)